看護師求人.com|『oystein helle husby 』

ヒューマンサービス

 

 

いくら数十年という看護師の経験をし看護に関する知識が豊富で技術が優れていたとしても、患者さんに信頼されるということは絶対ではありません。長年経験をし得てきた知識や技術は、その看護師によって生きたものとなり、それが患者さんに伝わるものです。つまり医療というものは『ヒューマンサービス』なのです。

 

このヒューマンサービスをもつことに必要なのは、看護の知識、概念化能力、ヒューマンスキルです。最後のヒューマンスキルにおいては《患者さんの立場に立ち、患者さんの思いを理解することです。》それは、相手に対して自分のようにわかってあげたい・・・という思いです。自分の考えが当たり前ではなく、自分とは違った考えを持っているということを知ることがとても重要であり、その上で患者さんの思いを『聞く』というスキルにつながってきます。

 

 

患者さんの気持ち

看護師の由美さんは、患者さんに相談を受けて会話をしているときに携帯電話が鳴りました。その時、とっさに患者さんとの話をやめて携帯電話に出ました。そして電話が終わり、先程の話の続きをしようとしたときに、患者さんにこう言われました。『私の気持ちなんて、わかってもらえるわけがないですよね。』そういって患者さんは、元気なく下を向いて落ち込んでしまいました。

 

患者さんとの会話を優先するのか、携帯電話に出る事を優先するのか・・・、携帯電話に出ることを選んだのです。その結果、患者さんに落ち込む気持ちを与えてしまったのです。

 

ヒューマンサービス関連ページ

看護師とは?
転職・復職を目指す看護師さんたちを応援しています!
看護師にとって重要なスキル
転職・復職を目指す看護師さんたちを応援しています!
働きながらヒントを見つける
転職・復職を目指す看護師さんたちを応援しています!
髪型と話し方
転職・復職を目指す看護師さんたちを応援しています!