看護師求人.com|『oystein helle husby 』

患者さんには大げさに伝えることも大切

 

医療の知識が全くない患者さんにとっては、難しい話をいろいろと言われても、結局は話が理解できずにメッセージが伝わらない場合が多いです。そのように細かい知識を話しても何も伝わらないので、できるだけ大げさにわかりやすく伝えることが大切です。特にメリットとデメリットをはっきりと強調して、大げさに話してあげましょう。例えば、

 

「こういったものを食べていけば、非常に体にとって良いので、早く改善しますよ。」と、しっかりと改善するような例を挙げて話してあげるのです。話し方は、自信満々で話してあげましょう。弱々しい声では患者さんを迷わするだけですし、先ほども言ったようにメッセージをしたありません。そして、「これをしっかりやっていかないと、体は改善しませんよ。」といったように、これも大げさに話してみましょう。

 

すべてを伝えることは難しいです。看護師の立場としては必要なことなのですべてをわかってほしい・・・そう思うかもしれませんが、患者さんにとっては1度にいろいろなこと言われても、何をすればいいのかわかりません。それだったら1つや2つのことだけを話した方が、患者さんにとっても理解しやすいです。そして残りの事は、折をみて話していけばいいでしょう。患者さんはすぐに退院するわけではないので、段階的に話していけばいいのです。

 

患者さんには大げさに伝えることも大切関連ページ

看護師に欠かすことができない ホウ レン ソウ
転職・復職を目指す看護師さんたちを応援しています!
ホウ レン ソウがうまくいかない
転職・復職を目指す看護師さんたちを応援しています!
1人で悩んじゃダメ!
転職・復職を目指す看護師さんたちを応援しています!
部下が相談に来た場合の対応
転職・復職を目指す看護師さんたちを応援しています!
意識の矢印を相手に向ける
転職・復職を目指す看護師さんたちを応援しています!
わかったつもりが落とし穴
転職・復職を目指す看護師さんたちを応援しています!