肌構造

たとえば「美肌に必要な成分のコラーゲンやセラミドが…」と聞いても、これらの成分がどのように肌へ浸透し、作用するのか…。こうした成分の作用や肌の制度まで理解してスキンケアをやる方は、よく多くはいません。

実は、皮膚の構造を分かるだけでも、自分のお肌のクラスがますます把握できるようになります。只今並べる化粧品がどのように作用しているのかがわかります。また、自分に見合う化粧品や合わない成分、より明るい肌クォリティーなどもわかるように変わるので、お肌の構造については頭に入れておくのが奨励です。

一般に皮膚と呼ばれている部分は「肌」「真皮」の2部類構造になっています。その厚みはちょっと0.4~1.5㎜平均。「お肌をこすってはいけない」とそれほどいいますが、それはこういう薄さゆえ。お肌は桃の皮のようにないので、やさしく丁寧に扱わなければならないのです。

肌の作用

こういう皮膚の取り分けわずか0.3㎜程度の「肌」は一番内側から「基底部類(きていみたい)」「有棘部類(ゆうきょくみたい)」「顆粒部類(かりゅうみたい)」「角質部類(かくしつそう)」とゆっくり変化し、最後は皮膚の一番外層にいらっしゃる角質部類となり、一定の年月留まった上に剥がれ落ちていきます。皮膚は生まれてはがれ落とせるまで、約最初ヶ月のループで再生されていて、これを「ターンオーバー」と呼びます。リポコラージュの公式サイト