肌の一番外層を囲う厚さ0.02~0.03㎜の角質部類

角質細胞が不承認状に重なり、その間にはセラミドを中心成分とやる細胞中脂質が角質細胞個々をセメントのように固着しています。こういうセラミドが角質細胞を十分に結わえるため、肌に水分を会得。水分が保たれた肌にはバリヤ作動が働きます。

美肌を保つためには皮膚の新陳代謝ですターンオーバーが正常に繰り返されているポイント。そして水分長続きの役割を果たすセラミドが十分保たれ、肌のバリヤ作動が勤めることが重要となります。

また、皮脂腺より分泌達する皮脂と汗が混ざり合い(乳化)肌を包む皮脂膜となり、お肌の保湿と保護をする天然のクリームの役割を果たします。化粧品のクリームはこういう皮脂膜を基準に作られています。健康な肌の皮脂膜は、pH4.5~6.0の位酸性に保たれ、酸に情けない細菌やカビなどの繁殖を抑制している。

真皮の作用

そして「肌」を下から支えていらっしゃる「真皮」。編目状にはりめぐるコラーゲン繊維(俗にいうコラーゲン)とそれを結わえる弾力性のあるエラスチンが、皮膚の張りを保つために真皮内でバッファの作用を果たし、サポートしている。そしてこれらの隙間には水分が十分に含まれたゼリー状のヒアルロン酸などが含まれ、肌の内側の水分を保つ役割を果たすだけでなく肌全体のうるおいとハリをもたらしている。

真皮の中には繊維芽細胞と呼ばれる美肌構造に一番大きく関する細胞が点々と含まれ、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を吐出し、また古くなったコラーゲンやエラスチンの分解処理も行ないます。しかし老化やUVの影響で繊維芽細胞は弱まり、真皮のエレメントの創出がスムーズにいかなくなります。

真皮全体のコラーゲンやエラスチンの出来高が収まるため、肌を助ける勢いが弱くなり肌全体の張りや張りが失われ、ほうれい線のような濃いシワや目の下や面持ち全体のたるみなどを起こすのです。
丈夫な皮膚を設けるために最も重要なケア

日常で心がけてほしい重要なケアは何より保湿と紫外線ケア。化粧水の後には乳液やクリームを塗って、水分が逃げないようにフタをしてあげましょう。紫外線ケアは不潔作戦はだけでなく、UVが活性酸素を吐出し、肌そのものを老化させコラーゲンやエラスチンの出来高を減らして仕舞うということを頭に入れ、通年行ないましょう。duoクレンジングバームの口コミ評判